食事、食材、調味料ほか食に関する豆知識、情報のまとめや調査結果

食の豆知識

test

スポンサーリンク

お茶

紅茶も緑茶もウーロン茶も同じお茶っ葉からできてるのになんで効果に違いがあるの?

投稿日:

紅茶、緑茶、ウーロン茶、お茶の木は同じなのは有名な話ですね

摘んだお茶の葉を乾燥・発酵させて作る際に、その発酵度合いによって分類が分かれています

茶葉は発酵が進むにつれて、成分のカテキン(タンニン)が酸化し、赤くなっていきます。後発酵茶とは、麹菌によって緑茶を発酵させ、さらに熟成させる、独特のプロセスによって生産されるお茶。

引用元:サントリー株式会社HP

ではなんで発酵度合いによって効果が変わるんでしょうか?

特にウーロン茶は脂肪吸収関連の話題がよくあり、黒烏龍茶なんて商品も出てきています

発酵度合いが高いからでしょ?と言われればそれは違って、完全発酵しているのは紅茶なんです

今回はざっくりと、なぜ効果が違うのかについてまとめてみました

発酵させない緑茶、基本の効果は?

緑茶で有名なのは茶カテキンですね

そのほかにもいろいろな効果・効能があります

・心臓病のリスク低減

抗酸化物質による血管詰まり防止などの効果があります

・免疫力アップ

カテキンのウイルス駆除効果によるものです

・ぼけ防止

コーヒーでも言われていますが、原因物質はまだ特定されていません

・コレステロールの低下

ポリフェノールによる効果ですが、緑茶のポリフェノールは少ないのでごくわずかな効果です

・殺菌効果

お茶でうがいをするといいと昔から言われていますね

こちらも免疫力アップ同様、カテキンによる殺菌効果と言われています

・がん予防

明確にどの成分がどう効いているのかは明らかになっていませんが、一定の効果があるのではと言うことで研究が続いています

完全発酵させた紅茶、緑茶からの変化は?

完全発酵させると抗酸化作用がなくなっている、わけではないんです

実は緑茶の主要カテキンは4種類で、その効果が解明されている状態です

対して紅茶はというと、アッサム種と中国種で作った紅茶で

総ポリフェノール量や発酵(酸化)の度合いによってポリフェノールの種類が大きく異なります

そして大部分のカテキン重合体は化学構造が未解明なので、紅茶と一口に言ってもどの紅茶のこと?となってしまうんです

そのため、一般的な議論が難しいというところもあり、効果の解明が緑茶に比べて遅れているんですね

一方、明確に違いがあるのはビタミンです

発酵させる過程で失われてしまうため、緑茶の方が紅茶より多く含まれています

では紅茶特有の成分は?というと、テアフラビンというものがあります

テアフラビンはカテキンが発酵過程で変化したものなので、緑茶には含まれていません

ではこのテアフラビンの効果はというと、通常のカテキンより抗酸化作用が強いという論文があるんですね

しかしながらそのほかの効用については未解明なため、緑茶に勝ってる!という部分が見つからないのが現状です

しかし同じ葉っぱから作られておりポリフェノールも含まれているということもあり、

今後の研究で意外な効能が見つかったりするかもしれません

紅茶と緑茶では風味も香りも違います

栄養としてではなく、好みで選んでしまうのがいいでしょうね

出典:日本紅茶協会HP

 

半発酵のウーロン茶は中途半端?いいとこどり?

ウーロン茶と言えば脂肪吸収を阻害するというのはよく知られている話ですが、

脂肪吸収に限って言えばウーロン茶>紅茶>緑茶の順で効果が高いです

ではこの脂肪吸収、何によっておきているのかというと、

脂肪吸収はリパーゼという酵素が関わっています

この酵素が脂肪を分解しているんですが、ウーロン茶の重合ポリフェノールがこのリパーゼの働きを阻害します

そのため、結果として脂肪の吸収を抑えているんですね

この重合ポリフェノール、半発酵の過程で生まれるため、緑茶にはほとんど含まれていません

紅茶のテアフラビンも重合ポリフェノールなので、脂肪吸収を抑える働きが期待できます

この重合ポリフェノールが多く含まれているウーロン茶として黒烏龍茶が販売されているんですね

しかし普通のウーロン茶にはこの効果がないかと言われると、あるだろうと言われています

特保として販売されているのがサントリーの黒烏龍茶だけなんですが、ほかのウーロン茶との違いは

重合ポリフェノールの量ですので、効果が全くないというわけではなさそうです

ちなみにヘルシアは緑茶ですが、こちらは脂肪燃焼を謳っています

似ているようで違う効果なんですね

まとめ

・脂肪吸収の阻害はウーロン茶が一番

・カテキンの効果(脂肪燃焼など)を狙うなら緑茶が一番

・紅茶はまだまだ未解明だけど効果はいろいろあるかも

個人的には食事に合わせて好きなものを飲むということを推奨します

ケーキに緑茶、ウーロン茶はちょっとイメージがないですし、

なんでもかんでもこれだ!というお茶はありませんからね

今回のお茶以外にもハーブティーや玄米茶、そば茶、ルイボスティーなどいろいろとお茶はあります

自分好みのお茶を料理やお菓子と合わせて楽しんでみるのがおすすめです

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お茶

Copyright© 食の豆知識 , 2019 AllRights Reserved.