食事、食材、調味料ほか食に関する豆知識、情報のまとめや調査結果

食の豆知識

test

スポンサーリンク

お酒

日本酒にある吟醸、大吟醸、純米、本醸造って何が違ってどう選べばいいの? 悩んだらこう選ぼう!

投稿日:

日本酒といえば獺祭が大人気ですね

有名どころでは十四代や田酒、黒龍に陸奥八仙などなど、酒蔵ごとのブランド名もさまざまです

そんな日本酒、ラベルを見ると大吟醸だったり純米大吟醸だったり、いろいろと書いてあるのをご存知の方もいると思います

ですが明確な定義となると、案外知らないんではないでしょうか

今回はこの大吟醸などの特定名称の定義についてのまとめです

この特定名称、それぞれに名乗れる条件が決まっています

条件としては原料、製造方法等で、8種類に分類されます

それぞれの特徴を紹介をします

獺祭(だっさい) 純米大吟醸 飲み比べ 180ml×3本セット 専用カートン入

特定名称の分類と条件

吟醸酒(ぎんじょうしゅ)

原材料:米、米こうじ、 醸造アルコール

精米歩合:60%以下

こうじ米使用割合:15%以上

香味等の用件:吟醸造り、固有の香味、色沢が良好

大吟醸酒(だいぎんじょうしゅ)

原材料:米、米こうじ、 醸造アルコール

精米歩合:50%以下

こうじ米使用割合:15%以上

香味等の用件:吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好

純米酒(じゅんまいしゅ)

原材料:米、米こうじ

精米歩合:-

こうじ米使用割合:15%以上

香味等の用件:香味、色沢が良好

純米吟醸酒(じゅんまいぎんじょうしゅ)

原材料:米、米こうじ

精米歩合:60%以下

こうじ米使用割合: 15%以上

香味等の用件:吟醸造り、固有の香味、色沢が良好

純米大吟醸酒(じゅんまいだいぎんじょうしゅ)

原材料:米、米こうじ

精米歩合:50%以下

こうじ米使用割合:15%以上

香味等の用件:吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好

特別純米酒(とくべつじゅんまいしゅ)

原材料:米、米こうじ

精米歩合:60%以下又は特別な製造方法(要説明表示)

こうじ米使用割合: 15%以上

香味等の用件:香味、色沢が特に良好

本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ)

原材料:米、米こうじ、 醸造アルコール

精米歩合:70%以下

こうじ米使用割合:15%以上

香味等の用件:香味、色沢が良好

特別本醸造酒(とくべつほんじょうぞうしゅ)

原材料:米、米こうじ、 醸造アルコール

精米歩合:60%以下又は特別な製造方法(要説明表示)

こうじ米使用割合: 15%以上

香味等の用件: 香味、色沢が特に良好

特定名称のまとめ

この条件、酒屋さんの協定などではなく、清酒の製法品質表示基準として、国税庁で決められています

なんで国税庁かというと、酒税法の絡みのようです

お酒の種類によって税率が変わるのは第三のビールなどで有名ですが、

そういった中でお酒の表記をどうするかというのは国税庁の管轄のようです

お酒の名称分類が国税庁というのは不思議な感じがしますね

 

各特定名称の特徴は?

特定名称の基準はわかったけどそれだけじゃ何がどうなっているのかわからないと思います

そこで、各特定名称の特徴をまとめてみました

吟醸酒

吟醸、という名前しかつかないお酒です

吟醸というのは吟醸造りをして吟醸香のする清酒のことです

では吟醸造りとは何かというと、

吟味して醸造することをあらわしており、よりよく精米した白米を、低温でゆっくり発酵させ、カスの割合を高くすることで、特有な吟香を持つように醸造することです

では吟醸酒の特徴はというと、まずはその香りです

清酒として売られているものと異なり、独特な香りがあるのが特徴です

それによって口に含んだときに香りが広がり、よりいっそうおいしい、という特徴があります

また、精米歩合が60%以下という定義もあるため、雑実が少なく甘みが強くなっています

精米歩合とは、白米のその玄米に対する重量の割合をいいうんですが、60%の場合、玄米の表層部を40%削り取っていることになります

玄米の表層部には、たんぱく質、脂肪、灰分、ビタミンなどが多く含まれます

これらの成分は、清酒造りに必要なんですが、多過ぎると香りや味を悪くしてしまうんです

そのため、精米によってこれらの成分を少なくした白米を使います

一般に食べるお米の精米歩合が92%程度であることを考えると、60%というのがいかに多く削っているのかわかるでしょう

一般の清酒が75%以下であることから、吟醸酒の60%がよりいっそう雑実が少なく香り高い理由のひとつであることをわかってもらえるかと思います

 

 

大吟醸酒

みもふたもないことを言えば、大吟醸は吟醸のすごい板です

定義として代わっているのはまずは精米歩合が60%以下から50%以下になっています

つまり、米の雑身が減り、甘さがさらに引き立っているということです

また、吟醸造り、固有の香味、色沢が「特に」良好となっていることからも、

吟醸酒よりも上位であることがわかりやすいかと思います

純米酒

こちらは吟醸酒に対して純米を謳っています

米しか使ってないよ!ということですね

使用材料のところが米と米麹だけになっています

醸造アルコールはでんぷん質物や含糖質物から醸造されたアルコールのことです

米の糖質以外から作られたアルコールということで、醸造アルコールは悪酔いの原因だという人もいます

醸造アルコールを入れることでスッキリとした味わいになるんですが、

純米酒の場合には精米歩合が規定されていません

極端に言うと、まったく削っていなくとも純米酒ということができるんですね

純米吟醸酒

醸造アルコールを入れず、精米歩合を60%以下にまでしたものを言います

吟醸酒と比較すると醸造アルコールが入っていないため、こちらを好んで飲まれる方もいます

純米酒の場合には精米がどこまで行われているか一目ではわかりませんが、

こちらの場合には確実に60%以下となるため、味香りともに純米酒に比べて芳醇であると言えるでしょう

純米大吟醸酒

純米吟醸酒の精米歩合をさらに50%以下にしたものです

純米吟醸酒に比べて、さらに香りが強くなっています

特別純米酒

通常の製法とは異なる、特別な方法を使って作った純米酒です

削っているけど吟醸造りではないとか、

熟成期間を吟醸酒並みに持つとか、

原材料の米をたとえば山田錦100%にするとか、

各酒蔵でこだわりを持って作っていますよ、というイメージです

なお、特別かどうかは明確に定義がないため、各酒蔵の裁量に任されています

本醸造酒

精米歩合が70%以下で色や香りのいい清酒のことを指します

特別本醸造酒

本醸造のお酒の中で、特別な方法を使って作った醸造酒です

特別純米酒の特別と基準は同じですね

結局どれを選べばいいの?

最初に何を選べばいいか、これだけあると悩むと思います

実は、これがおすすめです!というのはないんです

もちろん個人的なお勧めはあります

でも、合う合わないは当然出てくるんです

そこでおすすめなのが、土日のデパートのお酒売り場です

たとえば横浜そごうでは、毎週のように土日は日本酒の試飲ができます

味がわからない状態で特定名称で選ぶよりは、実際に試飲させて貰って好きな味を見つけるのがいいでしょう

昔は醸造アルコールを添加するとよくないとか、純米じゃないとこだわりがないとか、

いろいろ言われていましたが、現在ではどの製法にも特徴があり、お酒の味をよくするために行われていることがわかっています

そのため、醸造アルコール限定のアル添酒フェスティバルなんていうものもあります

ただ、目上のお酒好きの方やお世話になった方へのプレゼントの場合、

わかりやすく純米大吟醸、大吟醸がおすすめです

単純に表記としてわかりやすいというのが理由です

自分で飲むようにはまずは試飲をお勧めします

その上で、特定名称の分類の違いと照らし合わせて、自分はどの酒蔵だとどの特定名称が合うんだ、

などとわかっていくと、新しいお酒に挑戦する楽しみも増えていきます

よき日本酒ライフを送る一助になれば幸いです

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お酒

Copyright© 食の豆知識 , 2019 AllRights Reserved.