食事、食材、調味料ほか食に関する豆知識、情報のまとめや調査結果

食の豆知識

test

スポンサーリンク

果物 野菜

りんごとバナナは近づけちゃいけないのはなんで? ほかにもある、りんごと分けたほうがいい果物

更新日:

りんごとバナナをくっつけるとバナナが早く茶色くなってしまいます

なんでか知っていますか?

【訳ありりんご】 長野県産 生産農家直送 「サンふじ」 ご家庭向き 中-小玉食べきりサイズ 18~25玉 約5kg入り/箱

画像はアマゾンリンクです

りんごとバナナを分けたほうがいい理由

りんごからはエチレンガスというガスが出ます

このガスによって、ほかの果物は追熟が進んでしまいます

バナナはただでさえほうっておくと茶色くなるのに、さらに茶色くなるのが早くなってしまうんです

これは、もともと植物がエチレンというホルモンによって成長しているためです

成長といえば聞こえはいいですが、老化してしまうんですね

ではなんでりんごがエチレンガスを発生させるのかというと、

理由は正確にはわかっていません

果物の中では多く発生するのがたまたまりんご、というくらいのことしかわかっていないようです

不思議ですね

 

バナナを長持ちさせるには?

バナナはバナナ同士で接触しているだけで茶色くなってしまいます

ではどうすれば長期保存できるのか? 実は簡単な方法があります

それは、バナナ一つ一つをラップにくるんで冷蔵するんです

こうすることで皮は茶色くなっても、中身は白いまま、もしくは茶色くなっても腐らないである程度長持ちするようになります

大安売りで買った場合には、バナナペーストにして冷凍してしまってもいいでしょう

お菓子に使う場合にはペーストにしておいたほうが使うときに便利です

りんご同士はなんで平気なの?

りんご同士もまったく平気なわけではありません

でもりんごは箱詰めにされて売られているんですよね

これは、エチレンガスの影響を受けやすい果物と受けにくい果物の差で、

りんごは影響を受けにくい部類になります

ただ、まったく受けないわけではないので、

りんごから発生するエチレンガスを閉じ込めるためにも、

ひとつひとつラップかビニール袋、新聞紙などで包んでしまうのがいいですね

ほかにもある、りんごと分けたほうがいい果物

果物だけではありませんが、

たとえば、柿やキウイ、トマト、野菜では、さやいんげん、パセリ、ブロッコリーなどがエチレンガスの影響を受けやすい植物になります

また、エチレンガスを出しやすいものとしては、メロン、桃などがあります

これらの食べ物はしっかり分けて保存したほうがいいですね

特に、フルーツ盛り合わせなどで売っている場合には、買ってきてそのままおいておくと、

りんご以外の果物の追熟が早く進んでしまいます

買って着たらまずはりんごは別に保管するように気をつけましょう

エチレンガスで長期保存できる食べ物

老化を早めてしまうエチレンガス、しかしこのエチレンガスによって長持ちするようになる食べ物があります

それは、じゃがいものとケーキです

じゃがいもは、芽の部分に毒があるため、発芽しないように保存して、発芽してしまったら芽の部分を取り除く必要があります

場合によっては芽のない部分も皮をむくと緑色になっていて、その場合には皮も厚めにむくひつようがあります

エチレンガスはこの発芽を抑える働きをするので、りんごとジャガイモは同じ箱で保存してしまっても問題ありません

また、ケーキについてはりんごを入れることで甘みが増し、コクも増え、酸化も防止されていることがわかっています

参考:味博士の研究所

意外なところで効果のあるりんご、保存方法に一工夫してみてはいかがでしょうか

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-果物, 野菜

Copyright© 食の豆知識 , 2019 AllRights Reserved.