食事、食材、調味料ほか食に関する豆知識、情報のまとめや調査結果

食の豆知識

test

スポンサーリンク

豆知識 野菜 雑学

ふろふき大根のふろふきの由来とは

投稿日:

ふろふき大根、漢字に変換すると風呂吹きって出てきますけど、

いったい由来は何なのかご存知でしょうか?

大根 九州産 1本

「ふろふき」どういう意味で使われているのか

漢字だと風呂吹きとかかれます

不思議な感じがしますね

風呂吹きは、野菜を大きめに切って、茹でたり蒸したりしたものに練り味噌をかけて食べる日本料理です

古くからあるものなので、冬の季語としても使われます

風呂吹きでよく聞くのはふろふき大根だと思いますが、ほかにもかぶなどがあります

あまり見ないものでは冬瓜や柿の実もふろふきとして使われますが、家庭ではあまり見ないのではないでしょうか

ふろふきの由来の説

風呂吹きの由来ですが、諸説あるため順番に紹介していきます

漆職人の話

ひとつめとしては、漆器職人の話があります

昔、漆器職人は冬になると漆の乾きが悪くなるため困っていました

そんな時、ある僧から漆器の貯蔵室である風呂(当時はそう呼んでいたようです)に大根のゆで汁を霧吹きすることで乾きがよくなる、

と教えられ、やってみるとうまくいったというところからきているという説です

このとき、大量のゆで汁をとるために大根をたくさん茹でる必要があり、大根だけが余ってしまいます

そこで、近所に配ったところおいしいと評判になり、風呂吹き大根という名前が生まれたということです

 

不老富貴(ふろうふき)

二つ目としては不老富貴(ふろうふき)からきたという説です

大根は安くて体にもいいので不老富貴(ふろうふき)の意味からきたという説です

不老富貴とは不老はそのまま、富貴は簡単に言うと地位があったり金持ちだったりという意味です

大根が健康にいい上に安いから不老富貴という説とのこと

ですが大根と富貴はちょっと意味がつながらない気がします

 

また、これら二つの説は大根ありきの説になります

もともと風呂吹きの材料はカブであったという話があり、そうするとこれらの説は否定されてしまうのですが、

明確に否定はされていないのは、違うという証明が難しいからなんでしょうね

 

風呂で息を吹く動きから

ではそのほかに有力と考えられる説はというと

蒸し風呂で体に息を吹きかけ垢を落とす人からとったという説です

風呂で息を吹く、ということから風呂吹きと呼ばれていたため、

熱い料理に息を吹きかけて覚ましながら食べることから料理のことも風呂吹きになったという説です

まとめ

諸説ある場合、どれが正しいと証明することはなかなか難しいものです

こうしてみると名前の由来というものは案外伝わっていないんだなあと実感します

みなさんはどれが正しいと思いますか?

正解は今のところわかりませんが、

これをきっかけに考えてみてはいかがでしょうか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-豆知識, 野菜, 雑学

Copyright© 食の豆知識 , 2019 AllRights Reserved.