食事、食材、調味料ほか食に関する豆知識、情報のまとめや調査結果

食の豆知識

test

スポンサーリンク

お菓子 イベント関連 豆知識 雑学

なんでこどもの日は柏餅を食べるの?

更新日:

こどもの日といえば柏餅、なんで柏餅を食べるのか知っていますか?

【季節限定:春食材】山福)特選柏餅 15g×30個 <2月中-4月末>

こどもの日、端午の節句ってなに?

5月5日といえばこどもの日ですが、こどもの日を国会が制定するに当たり、候補として端午の節句が請願されたことによって決まりました

もともとは当然のことながら端午の節句が先にあったんですね

では端午の節句は何かというと、男子の健やかな成長を祈願するものです

ですのでこどもの日といいつつ、飾るのは男の子の鎧兜だったりするわけですね

なんでこどもの日になると柏餅を食べるの?

柏の葉を用いた柏餅は江戸時代の生まれです

柏の葉は、新芽が育つまで葉が落ちないことから、次世代に必ずつながる子孫繁栄という意味で用いられています

ちなみに端午の節句に柏餅を供えるというのは、参勤交代で各地に広まったという流れです

なお、柏の葉は各地で手に入るものではなかったため、西のほうでは、別のサルトリイバラで代用したものでも柏餅と呼んでいた地域もあります

柏の葉には防腐、殺菌作用もあり、昔から食器の代用として使われることもあったため、縁起物であると同時に安全対策もかねているんですね

当時から防腐、殺菌効果を知っていたかわかりませんが、わさびなど類似のものが見られるので、生活の知恵としてあったのかもしれませんね

まとめ

端午の節句は男子の健やかな成長を祈願するもの

江戸時代から子孫繁栄の縁起物である柏を使ったもちを供えるように

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お菓子, イベント関連, 豆知識, 雑学

Copyright© 食の豆知識 , 2019 AllRights Reserved.